【乳幼児の食物アレルギー体験談】アナフィラキシーを受けて大学病院を受診。小麦と卵の負荷試験を受けることに。〜次男のアレルギー編②〜

アレルギー
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、こもりぐまです。

こちらの記事をお読みの方は

読者さん
読者さん

こどもがアレルギーなんです・・・
こどもがアレルギーだったらどうしよう・・・

と不安を抱えていらっしゃる方がほとんどだと思います。

わが家の長男は卵アレルギーでしたが、2歳になる頃には完治しました。詳しくは以下の記事に体験談をつづっています。

そして次男は長男よりひどいアレルギー持ち。こちらの記事でアレルギーの発覚から、アナフィラキシーで救急受診をし、大学病院に通うようになるまでを紹介しました。

今回は大学病院を受診した結果をご紹介したいと思います。

この体験談が、みなさまのご参考になれば幸いです。

それではどうぞ~!

※こちらの記事に記載していることは、医師の指導に基づき、自分なりに解釈をした内容です。参考までにとどめていただき、詳しくは専門医に指示を仰いでください。

大学病院の予約まで

次男は生後11ヶ月のときに、そうめん(小麦)を食べて、アナフィラキシー症状が出てしまいました。

こもりぐま
こもりぐま

お腹と顔に蕁麻疹、そしてゼーゼーと呼吸が苦しそうになってしまい、救急で受診をしました。

2021年2月現在、まだ保育園には通っていないのですが、4月から保育園に通う予定の次男

今のところ、卵白・小麦・大豆アレルギーと言われているのですが、

こもりぐま
こもりぐま

果たしてそんなにアレルギーがあって給食は食べられるの!?

と心配になり、保育園の栄養士さんに相談をしました。

すると、以下のように言われました。

  • 卵白・小麦だけであれば何とかなる
  • 大豆アレルギーは厳しい
  • 調味料(醤油、みそ)が使えなくなってしまう
  • 毎日お弁当を持ってきてもらうことになる
こもりぐま
こもりぐま

毎日お弁当!!?それは・・・私には無理だーーー!!!

振り返ってみると、大豆は何となく食べられている次男。そのことを栄養士さんに伝えると、次のようにアドバイスをくれました。

  • 医師による大豆OKの診断書があれば保育園でもあげることができる
  • 食物アレルギーに詳しい大学病院の先生を知っている
  • 一度、大学病院で診てもらった方が良いのでは?

そんなわけで、大学病院を受診することにしました。

ちなみに、

大学病院を受診の際は、近くの小児科や内科で紹介状をもらいましょう

紹介状がないと余計な費用がかかってしまいます。

こもりぐま
こもりぐま

今回受診した病院は事前にインターネットから予約ができたので、予約をしてから病院に向かいました。待ち時間が長くならないよう、できることはしておきましょう!

はじめての大学病院での受診

医師に今までのアレルギー症状の経緯を話しました。詳しくは以下の記事でお話した内容です。

そこで医師から言われたことは、以下の通りです。

卵白について

  • これといった症状が出ていないため、アレルギーと断言はできない
  • しかし血液検査の結果からして、アレルギーである可能性は高い
こもりぐま
こもりぐま

症状があってはじめてアレルギーと診断されるようです。

小麦について

  • アナフィラキシーが出ているのでアレルギー確定
  • 次からアナフィラキシーが出た場合は救急車で病院に向かうこと
こもりぐま
こもりぐま

本当にアナフィラキシーは怖いんだと改めて反省しました・・・

大豆やゴマ等、その他の食品について

  • 食べられているのであれば、血液検査の結果に振り回されず、そのまま継続したほうがよい
  • 問題なく食べられるようであれば、アレルギー解除の診断書を書く
こもりぐま
こもりぐま

大豆アレルギーが解除になれば給食が食べられる!希望が持てました!!

再度、血液検査

そして、再度、血液検査をしてからアレルギーの負荷試験をするかどうかを決めましょう、と言われました。

そして、その日は泣き叫ぶ次男を抑えつけてどうにか採血をしてもらい、帰宅しました。

こもりぐま
こもりぐま

仕方ないと思いつつ、採血のたびに泣き叫ぶ姿を見るのは心が痛いです・・・

2回目の診察

血液検査の結果

生後8か月時に検査したときより、少し抗体値は下がっていました。しかし、やはり卵白と小麦はアレルギー値が高いため、負荷試験を行うことになりました

  • アレルギー体質を示すIgE抗体値:416 IU/mL(0歳の基準値:20以下):前回は520
  • 卵白のクラス:4(クラスは0~6まで)
  • オボムコイド(卵白由来)のクラス:3
  • 小麦のクラス:3
  • ダニのクラス:3 ←NEW!!

ちなみに負荷試験とは、

アレルギーが確定しているか疑われている食品を単回または複数回に分割して摂取させ、症状の有無を確認する検査
①原因食物の確定診断、②安全に摂取できる量の決定または耐性獲得の診断のために行う

食物経口負荷試験とは|食物アレルギー研究会

病院によって、試験を行う食物の量は異なるようです。

ダニアレルギーも発覚

また、今回の血液検査で新たに判明したのが、ダニアレルギーでした。診断結果としては、

  • 0歳児はまだ反応がでないことが多いのに、反応が出ている
  • そのため、これからアレルギー症状がひどくなるかもしれない

ダニアレルギーといえば、そう・・・掃除! 掃除についても指示がありました。

  • 掃除は毎日すること
  • 1㎡に20秒かけること
  • 布団も最低でも1週間に一度は布団クリーナーで時間をかけて掃除をすること
  • ぬいぐるみは処分
  • 布のソファは革のソファに買い替えること

ズボラな私にはかなりハードなタスク。(笑)

こもりぐま
こもりぐま

しかし、かわいいかわいい次男のため、頑張らなきゃ~~

まとめ

以上が大学病院受診~負荷試験の決定まで、でした。

負荷試験の体験は次の記事にまとめていきたいと思います。引き続き読んでいただけると嬉しいです。

にしても、大学病院は本当に待たされます・・・。大学病院への通院で思ったことは、以下の通りです。

  • 荷物の置き場に困るので、ベビーカー+抱っこ紐で行った方がよい
  • なるべく早めの時間に予約をしたほうがよい(あとになればなるほど、時間が押して待たされる)
  • 病院内は暑いので、親も子も、すぐに脱いだり着たりできる格好で行った方が良い
こもりぐま
こもりぐま

病院通い、大変ですが、お互い頑張りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。こちらのブログではミュージアム情報をはじめ、子育てワーママのキャリアリノベ体験談などをつづっています。また、音声配信もやっていますので、ぜひ聴いてみてください!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
たくさんの方にこのブログを見ていただきたいと思っています。1クリックで応援お願いします!

ミュージアム・ダイアリー - にほんブログ村
更新情報が届きます!ぜひご登録おねがいします!

タイトルとURLをコピーしました