【はじめてのキッザニア】キッザニア東京に4歳の息子と行ってきた!初めてでも7つのパビリオンを回れた攻略法とは!?子どもも大人も大満足なお仕事体験の魅力をご紹介!

子ども向け施設
この記事は約16分で読めます。

こんにちは、こもりぐまです。

先月、4歳の長男を連れて豊洲のららぽーとにあるキッザニア東京に行ってきました!

読者さん
読者さん

3、4歳でも体験できる?
はじめてでも楽しめるのかしら?

結論としては、キッザニア初体験の4歳でもとっても楽しめました!!

こちらの記事では、当日の様子と、キッザニアを楽しむために必要だと思ったことをご紹介します!

なお、キッザニア東京の基本情報については以下の記事にまとめていますので、あわせてご覧ください。

それではどうぞ~!

※コロナ緊急事態宣言により現在は休館中です。(2021.5.5現在)

体験レポート

事前予約

事前予約の時点で、予約状況が△(もうすぐ定員オーバー)になっている日に行きました。

こもりぐま
こもりぐま

コロナ禍だし、定員を少なく設定しているのでは?と思ったのですが、やはり混んでいました…。
混雑を避けたいなら、予約の時点で早々に△になっているところは避けた方が良いかもしれません…。

今回は休日第1部(9:00~15:00)の回に参加。体験スタートまでの流れは以下の通りです。

7:40頃:入場受付開始
8:30頃:入場開始
9:00 :体験スタート

8:30頃に現地に到着しましたが、ららぽーと豊洲1の1階で15分、2階でも5分程度待ち、9:00ギリギリで入場となりました。

こもりぐま
こもりぐま

入場前後であせりたくなかったら、8:00頃には行って並んだ方が良いかもしれません。ただ、子どもが小さいと長時間並ばせるのは厳しい…(ごねる)。わが家は8:30の到着で結果的には良かったかなと思います。

受付

受付で以下の3点をもらえます。

  • トラベラーズチェック:キッザニア内で使える通過「キッゾ」を50キッゾもらえる
  • シティマップ:体験したいパビリオンの位置をチェック!
  • JOBスケジュールカード:アクティビティの受付・予約をするためのカード

入場後はシティマップを見ながら、体験したいアクティビティのパビリオンに向かいます。

こもりぐま
こもりぐま

事前にインターネットのマップを見て道順を覚えておけば、入場してからスムーズに移動ができますよ!

入場直後の様子。あわただしい。それぞれ第一希望のパビリオンまで行き、アクティビティの予約を取ります。

シティマップはこちらから閲覧、印刷もできます。

こもりぐま
こもりぐま

ちなみに…。当日息子のマスクを忘れてしまい、これは入場できないかも…と心配したのですが、受付で特別にマスクを配布していただきました。本当にキッザニアの方には感謝です!
遊びに行かれる方は、お子さまのマスクをお忘れなく!!

アクティビティの予約

体験したいパビリオンの前まで来たら、子どもが一人で予約を取りに行きます。

パビリオンの前にスーパーバイザーと呼ばれるスタッフの方がいるので、その方にJOBスケジュールカードを渡し、自分の名前、年齢、誕生日などを伝えていました。

こもりぐま
こもりぐま

誕生日を忘れてしまったようで首をかしげていたので、こっそり教えてしまいましたが、基本的には親の関与はNG

3,4歳だと人見知りな子はこの時点でちょっとハードルが高いかも?と思ってしまいました。

おうちで事前に伝える練習をしておくと安心かもしれません!

ちなみに息子は「アイスクリーム屋さん」一択だったので、まずはアイスクリームショップの予約を取りました。

予約を取れたのが9:30頃の回だったので、30分時間が余る…どうしよう?とキョロキョロしていたところ、スタッフの方が声をかけてくださいました

「このパビリオンであれば、定員に空きがあるので参加できますよ!」と紹介してくださり、パビリオンの前まで案内してくれました。

ほかにも困っていそうな人にはスタッフの方が積極的に声をかけているようすを何度も見たので、どうしよう・わからない…というときは、スタッフの方がいないかキョロキョロ周りを見回してみるのも良いかもしれません。

こんな感じでスタッフの方がサポートをしてくれます!

また、このようなモニターが館内に数か所設置をされているので、このモニターを見て空き状況を確認することもできます。

最終的には実際にパビリオンの前まで行き、担当のスーパーバイザーさんに今すぐ体験できるかを確認するのが確実です。モニターでは空きがあっても、パビリオンに行くまでに埋まってしまうということもありました。

各パビリオン前に設置されているパネル

体験できるアクティビティがわからなかったら…

  1. 案内のモニターで空き状況をチェックする
  2. パビリオン前のボードで次の体験開始時刻をチェックする
  3. 何を体験したいかもわからなかったら、入口すぐの「おしごと相談センター」を利用

予約前にも体験可能

ちなみに、アクティビティの予約ですが、基本的に1件までしか予約できません!

※予約の流れについてはこちらの公式サイトページをご確認ください。

そのため、予約を取った時間まで時間が余る場合は・・・

  • 今すぐ体験できるアクティビティを見つけて体験
  • キッゾを使ってデパートでお買いもの
  • 銀行で自分の預金口座を開設する
  • お昼ごはんを食べる

といった過ごし方をすることになります。

  • 空き時間がなるべく出ないようにアクティビティの予約をしていく
  • 空き時間に上記のような過ごし方を効率よく入れていく
    (少し早めのランチにして混雑を避けるなど)
  • 人気のアクティビティはすべて体験できないと心得ておく
    (後ほど人気アクティビティをご紹介します)
こもりぐま
こもりぐま

キッザニアがはじめての場合は、あまり混んでないアクティビティに挑戦することで、1つでも多くのお仕事体験ができます!
食べ物系や持って帰れるお土産が豪華なアクティビティは人気が高く、予約がなかなか取れません。(取れたとしても退館時刻ギリギリなど)
選り好みしなければ、結構空いているアクティビティもあったので本当にやりたいアクティビティは1つか2つに絞る。それ以外は空いている体験をどんどん入れていく方法がおすすめです!

各アクティビティのようす

今回は日曜日の第1部(9:00~15:00)7つのアクティビティ+αが体験できました!

ちなみにわが子の特徴を簡単にご紹介しますと・・・

  • 4歳2か月(2021年4月当時)
  • 読み書きできない、計算できない
  • おしゃべりは得意

この「おしゃべり得意」という性格が、楽しむことができたポイントかなぁと思います。

わからないことがあったら、スーパーバイザーさんにすぐに尋ねられていたので、緊張することなく楽しめたのかな?と思います。

発明工房

最初に体験したのが「発明家」のお仕事。

「よく飛ぶ飛行機を作るにはどうしたら良いか」といいう依頼を受けて、飛行機の模型を作り実験を繰り返してレポートをまとめます。最後に自分で書いた発明レポートをもらえます。

発明工房|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

飛行機が飛ぶしくみを学んで、スーパーバイザーさんの助けを借りながら模型をつくり、飛ばす実験をしていました。ちょっと難しそうでしたが、「レポートに自分の名前を書いた!」と嬉しそうに報告してくれました。

体験終了時には、

  • おうちで組み立てられる紙飛行機模型キット
  • お給料としてのキッゾ
  • 体験カード「発明家」

をもらうことができました。各パビリオンで何かしら持って帰れるものをもらうことができます!

こもりぐま
こもりぐま

この「持って帰れる」というのが、子どもにとっては嬉しいポイントなんですよね。帰ってからも、くり返し体験でもらったものを取り出して、嬉しそうにしています。

こちらのパビリオンですが、

  • パビリオンが2階にあること
  • 比較的内容が地味であること

から、体験開始時刻には空きが多いようでした。「体験できるアクティビティが見つからない!」という場合は穴場かもしれません。

こもりぐま
こもりぐま

ちなみにキッザニアでは保護者はパビリオン内に入ることはできません!そのため、外から様子を見ていて、助けが必要な時には対応していました。(マスクができない、衣装の帽子がかぶれない、など。)

ソフトクリームショップ

入場してすぐに予約を取ったソフトクリームショップの「お客さん」。

こちらは「お客さん」の扱いになるため、キッゾを支払って体験をします。

キッゾを払って、自分が食べるソフトクリームを作ります。コーンの上にソフトクリームを上手にまいたら、カラーチョコやウエハースでトッピング。ソフトクリームは試食用の椅子に座って、ゆっくり食べることができます。

ソフトクリームショップ|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

良く手を洗い、自分でソフトクリームをつくり、隣のエリアにあるイスに座って試食をしました。午前中からソフトクリームを食べられるなんてなかなかないので、とっても美味しかったようです。

こもりぐま
こもりぐま

ソフトクリームショップ専用のイスではないので、結構混雑していました。
座る席があるかどうか、気にかけておいた方が良いかもしれません。

警察署

つづいて体験したのが「警察官」のお仕事。

事件の捜査をしたり、街のパトロールなど、街の安心を守る仕事を行います。キッザニアの街で聞き込みを行い、指紋採取や証拠品探しなどを行った後、犯人を見つけます。警察手帳はもらうことができます。

警察署|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

警察署内でお仕事の説明を聞き、警察手帳をもらい(持って帰れます)、まちをパトロール。落とし物を受け取って、警察署に戻ります。

パトロールは子どもたちだけ(3人ずつのチーム)で行っていたのですが、途中で足が止まってしまった子どもたち。どこに行けばよいのかがわからなくなってしまったそう。すかさず親が誘導して、警察署に戻ることができました。

こもりぐま
こもりぐま

警察官3人組が迷子になりかけました(笑)

警察手帳をもらえたのが、息子にとってはすごく嬉しかったようです。

ビバレッジサービスセンター

キッザニアに行く前から「これやりたい!」と言っていたのが、「ベンディングオペレーター」の仕事。

自動販売機や仕組みやペットボトルのリサイクルについて学び、販売計画に基づいて商品の入れ替えや補充を行います。また、それに合わせてサンプルディスプレイや販売促進用のポスターを切り替え、空になったペットボトルを回収します。

ビバレッジサービスセンター|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

最初にパビリオン内で説明を聞いてから、まちの中にある自動販売機まで移動。自動販売機のなかのペットボトルを入れ替えたり、お掃除したり。最後にリサイクルゴミを回収して、パビリオンに戻ります。

こもりぐま
こもりぐま

「カートが通ります!ご注意ください!」という掛け声をかけながら、ペットボトルの入ったカートを押して移動するのですが、それが楽しかったようす。家に帰ってからもくり返し、「カートが通ります!ご注意ください!」と叫んでいます。

体験修了時には、飲み物1本+ペットボトル用ストラップをもらえました!

料理スタジオ

「シェフ」のお仕事も体験しました。

見た目もきれいで、おいしい料理作りにチャレンジ!安全な料理道具を使うので、初めてでも大丈夫。最後にレシピがもらえるので、自宅でも再挑戦できます。

料理スタジオ|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

はじめて包丁を使ってのクッキング。ライスケーキをつくってくれました。

こもりぐま
こもりぐま

「ママのためにつくった!」と言ってくれましたが、実際には、具だけすべて食べられ、味のない白いご飯のみを食べた母でした。

宅配センター

衣装がいちばんかわいかったのが「セールスドライバー」のお仕事。

集荷の仕事では、依頼のあったお客さまのところへ向かい、荷物をお預かりします。配達の仕事では、キッザニアの街の中のお店や会社からの依頼を受けて荷物を届け、伝票にサインかはんこをもらいます。荷物にこめられたお客さまの気持ちも一緒に届けるので、元気な挨拶、明るい態度が大切です。

宅配センター|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

荷物を引き取ってから集荷センターに戻り、宅配車に乗って荷物を届けに行きます。この衣装を着てスタスタと歩いているだけで、とてもかわいかったです。

最後に伝票の控えをもらえました。

家電専門店

最後にすべり込みで参加したのが「家電コンシェルジュ」のお仕事。

お客様の生活スタイルに合わせた家電のコーディネートプランを作ります。
家電に触れながら家電の知識を深めたあと、専用のタブレットを使って、お客様の「家族構成」や「住む部屋」、「生活の特徴」などに合わせた家電や色を選び、お客様の生活が豊かになる家電のコーディネートをします。
お客様のことを考えながらプランを作ることを通してホスピタリティを学びます。

家電専門店|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

家電のことわかるのかな?タブレット操作できるのかな?と心配でしたが、家電の色選びにこだわるところまで、できていたようです!

作成したコーディネートプランのシートをもって帰ることができます。

銀行

アクティビティの予約時間までのスキマ時間を利用して、銀行にも行きました。

ひとりで口座を開設できるなんて…と感動してしまいました。「カードに名前を書けなくて、お姉さんに手伝ってもらった!」と言っていました。

こもりぐま
こもりぐま

わからない・できないをきちんと伝えられること、息子の良いところだなぁと思いました!

キャッシュカード、お財布がもらえ、預ければ金利5%

銀行には欠かさずに行ってください!

デパート

専用通貨キッゾを使えるデパートでお買いものもしました。

こちらも、子どもしか入店できません。

お金数えられないし、数字読めないけど、どうするのかな~?と心配しながら見ていましたが、ちゃんと、お姉さんにお金を数えてもらえて、何が買えるのかを尋ねて、お買いものして出てきました!

こもりぐま
こもりぐま

こういうところで成長が感じられて感動する!親にとってもステキな施設だなぁと思いました。

ちなみに、商品はかなり高額!一日働いても絆創膏程度しか購入できませんでした。ここがやけに世知辛い。(笑)

キッザニアの人気職業5選

当日体験していて「ここが人気なのか!」と学んだ職業をご紹介します。

もしこちらの中に体験したい!と思っているアクティビティがあったら、早めに現地に行き、入場後は一番最初に予約を取ることをおすすめします。

ピザ職人

ピザーラの本格的なピザづくりができるので、とても人気のようです。

好きな種類のピザを選んで、ピザを作ります。丸めた生地を薄くのばしたら、メニューにあわせたソースをぬり、チーズやソーセージ、コーンなどのトッピングをのせます。オーブンでこんがり焼きあげたピザを、箱に入れてカットして完成です。

ピザショップ|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

メガネショップの店員

自分でつくったメガネを持って帰れる!息子もやりたい!と言っていましたが、すぐに予約が埋まってしまい体験できませんでした…。

メガネショップの店員として、生活の中でメガネを楽しんでもらうための知識を身につけ、お客さまにメガネを提供するためのメガネ組立て技術を体験する仕事です。

メガネショップ|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

はんこ屋のお客さん

自分の文字がはんこになる!!くり返し来て、いろいろなはんこをつくる子もいるようです。

自分で書いた文字を機械が読み取り、はんこにしてくれるので、世界でたった一つのはんこができます。はんこの色も選べ、専用のはんこケースに入れて持ち帰ることができます。

商店街:はんこ屋|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

絵の具やさんのお客さん

こちらもオリジナルの絵具がつくれるということで人気なようでした!

水彩絵の具の特徴を教えてもらった後、25色の絵の具の中から好きな色を5つ選んで、5本のチューブに詰める体験をします。最後に、絵の具の箱にシールを貼ってできあがり。オリジナルの絵の具セットは持ち帰ることができます。

絵の具屋|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

ハンバーガーショップのキッチンスタッフ

モスバーガーのハンバーガー、大人でもつくってみたいですよね!

バンズにハンバーグパティやレタスをのせ、マヨネーズをかけた後、ラッピングをしたら完成です。

ハンバーガーショップ|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

キッザニアでできること

ランチもキッザニア内で

キッザニアのなかでランチができます。体験でつくったものの試食なども多いので、軽食でも十分お腹が満たされました!

場合によっては途中退出可能

一時退場可能時間は、第1部(8:30~14:30)、第2部(15:30~20:30)です。

グループ内のお子様が全員小学1年生以上の場合、保護者全員の一時退場が可能です。ナショナルストア奥の退場口までお越しください。

保護者の過ごし方|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

保護者の休憩スペースもあり

保護者専用のラウンジがあります。
こども達がアクティビティをしている間、テレビを見たり、読書などをしておくつろぎいただけます。

※お食事の時間帯に限り、お子様の入室が可能です。
第1部11:30~13:30
第2部18:00~19:30

保護者の過ごし方|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

乳幼児の休憩スペースもあり

乳幼児エリア
6歳以下のお子さまと、その保護者が自由に過ごせるミルクハウスがあります。乳幼児向けの本やおもちゃをご用意しています。また乳幼児のお子様向けに、離乳食の提供をしています。

※館内でお召し上がりになる分のご用意となります。電子レンジ・ポットもご用意しております

乳幼児の過ごし方|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

授乳室・おむつ交換台もとてもキレイでした。

今回は1歳の次男はお留守番で連れて行かなかったのですが、キッザニアに来てみて感じたことは、小さい兄弟がいる家庭が大変そう…ということでした。

  • 乳幼児の数のわりに、おむつ交換台や乳幼児スペースがせまい
  • ママさん・パパさんが座れるスペースが少ない
  • 館内は基本的にベビーカーではなく抱っこ紐(石畳の床、せまいなどの理由により)

もし手分けができるようだったら、パパorママと下の子はお留守番、またはららぽーと内で休憩、など、役割分担してしまったほうがラクかもしれないな~と思いました。

でも、お子さんが体験している姿も見たいですよね!となると、やっぱりママとパパで交代で下の子と外に出る(途中退場)、という方法がいいのかもしれません。

写真撮影してくれる

アクティビティによっては体験の途中でカメラマンが一人ひとりの写真を撮ってくれます

こもりぐま
こもりぐま

衣装を着た姿をゆっくり撮影する時間がないので、このサービスがとても嬉しかったです。かなり迷いましたが、宅配センターの写真を購入しました!

1枚1500円~。入口近くに貼り出されるので、自分の子の写真を手に取って、購入できます!

その他

誕生月の場合はいろいろな特典があるようです!

また、英語の取り組みも積極的に行っているようで、アクティビティの中でも英語で掛け声をかけるシーンが多く見受けられました。

現在は中止となっているようですが、実際の仕事現場を巡るイベントも行っているとのこと。こちらも参加させてみたいと思いました。

まとめ

以上、はじめてのキッザニアの体験レポートでした!

緊急事態宣言が明け、コロナウィルスが落ち着いたら、また遊びに行きたいなぁと思っています!

ちなみに、予約方法などの基本情報についてはこちらの記事にまとめていますので、必要な方はぜひあわせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。こちらのブログではミュージアム情報をはじめ、子育てワーママのキャリアリノベ体験談などをつづっています。また、音声配信もやっていますので、ぜひ聴いてみてください!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
たくさんの方にこのブログを見ていただきたいと思っています。1クリックで応援お願いします!

ミュージアム・ダイアリー - にほんブログ村
更新情報が届きます!ぜひご登録おねがいします!

タイトルとURLをコピーしました