【保活体験記】早生まれの保育園入園は難しい!?激戦区でも2人そろって第1希望の保育園に入園できた理由①~長男の保育園決定まで~

保育園
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、こもりぐまです。

読者さん
読者さん

こどもが早生まれ。1歳児の入園は厳しそう・・・
どうすれば希望の保育園に入れられるの?

そんなお悩みを抱えるママさんパパさんの参考になればと思い、わが家の保活体験を3回に渡ってご紹介したいと思います。

わが家の兄弟は早生まれでしたが、2人とも第1希望の保育園に入園することができました!!

こもりぐま
こもりぐま

同じ保育園に入ることができて本当によかった・・・!!

そんなわが家の保活体験記。保活の際に参考になれば幸いです!

保活における条件

  • 私と夫は正社員フルタイム勤務
  • 長男、次男、2人とも早生まれかつ食物アレルギー持ち
  • 実家が近居(父:正社員、母:パート

これらの条件がうまくフィットし、長男と次男、2人とも希望の保育園に入れることができました。

その理由をここから詳しく説明していきます。

保活の基本

前提となる保活の基礎知識に関しては、こちらの記事が参考になります。

なぜ早生まれが不利なのか?は次の通りです。

Q. 0歳入園が最も入りやすいと言われるのはなぜ?1歳入園はなぜ厳しいの?

保育園は子どもの年齢別にクラス分けがされ、毎年4月に、0歳児クラスの子どもたちが1歳児クラスに進級すると、0歳児クラスは定員分空きます。一方、1歳児クラスは、すでに在園中の0歳児が進級し空き枠が少なくなる傾向にあるため、1歳での入園は激戦となりやすいのです。

保活はいつから始めればいいの?保活の年間スケジュール完全版- キッズライン

Q. 早生まれの子どもは不利?対策はある?

早生まれの子どもの保育園入園時期は通常翌年4月、子どもが1歳のとき。1歳児クラスへの入園は高倍率であるばかりでなく、0歳児クラスへの入園を目指そうにも生後6ヶ月未満の子どもが入園できる保育園が限られていることから保活では不利とされています。
そのため、無認可保育園やベビーシッターなどを利用してポイントを稼ぐなど対策する人も。

保活はいつから始めればいいの?保活の年間スケジュール完全版- キッズライン

第1子・長男の保活

第1子かつ早生まれは不利

長男の保活にあたり、わが家が目指したのは、もちろん認可保育園。幸い、通える範囲にある認可保育園は多数ありました。しかし、入れそうな保育園は限られていました。

その大きな理由は、「兄弟加点」です。

自治体により異なるのですが、わが家がある地域では、保育園に通う兄弟がいる場合、加点があります

要するに、第1子である長男の場合、

  • 第1子である→ 兄弟加点がなく点数が低い
  • 1歳児入園を目指す→ 募集人数が少ない

という、かなり不利な条件でした。

実家が近居であると点数は下がる?

こもりぐま
こもりぐま

実家が近居であると、不利になってしまうのでは?

と思っていました。

しかし、現役で仕事をしている父とパートで働いている母。

たとえパートであっても、働いていれば、減点の対象人はなりませんでした。ここもしっかり自治体に確認しておいた方がよいです。

実家が近くても、両親が働いていれば減点はなかった!

見逃していたアレルギー加点

これは長男のときは完全に見逃していたのですが、わが家がある自治体では、アレルギーによる加点があります。

  • 服薬の指示が出ている
  • アナフィラキシー症状の経験がある

という条件が基本となりますが、個別の症状に応じて加点をしてくれます

長男もアレルギーがあったのですが、この項目を見落としており、加点対象にはなりませんでした

アレルギーは加点対象になることが多いです。募集要項をしっかり確認すべし!

ちなみに、次男の時には、このアレルギー加点にお世話になることになります。

保育園見学

自治体が公開している過去の保育園ごとの必要点数を見ると、確実に入れそうな園は数えるほどしかありませんでした。

そのため、入れる可能性のある園のみ、見学に行きました。

こもりぐま
こもりぐま

妊婦のときでも、赤ちゃんを連れてでも、見学はとても大変。入れる可能性のない保育園は見学にはいきませんでした。

そして、保育園の見学で感じたこと・・・それは、

保育園ごとに先生や園の雰囲気が全然違う!

見学時のチェックポイント、挙げればキリがないですが、とにかく先生と園の雰囲気をよく見ること。これに尽きると思います。なぜなら、

  • 認可保育園・認証保育園であれば、基本的な条件は大体整っていて差がない
  • 持ち物が手作りかどうかなどは、一過性の問題
  • それより自分の子と自分たち夫婦に合うかどうかの方が重要

だと思います。安心して預けられるかどうか、そこだけはじっくり考えながら観ることをおすすめします。

入園希望申請

自治体によって異なるのですが、私の住む自治体では希望順位も選考に影響しました。(※順位が影響するかどうかは自治体によって異なります)

そのため、希望順位は以下のように決めました。

  • 第1希望:可能性は低いけれど最も通わせたい園
  • 第2希望:確実に入れる園(すべり止め的な立ち位置)

ちなみにその第2希望に書いた園は小規模保育園。1,2歳児のみの保育園なので、いずれ転園をしなければなりません。このことをマイナスと捉える家庭が多いようで、人気がない園でした。

しかし、見学時のようすがとても良かったので、第2希望としました。

こもりぐま
こもりぐま

見学に行くと、ここに通わせたい!と直感で思う園に出会えました。その直感を大事にすることがおすすめです!

この小規模保育園に入れたことが後々、功を奏します。

保育園の決定

結果、第1希望の園には入れませんでしたが、第2希望の小規模保育園に決まりました

この小規模保育園には、1歳児の1年間通いました。この続きは次の記事に書きたいと思います。

まとめ

第1子かつ早生まれということで、保活においてはかなり厳しい条件でした。しかし、以下の点を注意して保活をすることで希望園に入ることができました。

  • 自治体の過去の保育点数をよく調べる
  • 入れる可能性をしっかり見極めて慎重に希望順位を決定する
  • 入れる園のみの見学で手間を省く
  • 見学の際は先生や園の雰囲気が合うかどうかを見極める

ちなみに、小規模保育園というとマイナスのイメージが強いようですが、そんなことはありませんでした。

1年間、小規模保育園に通わせて思った点は次の通りです。

  • 幼児の人数が少ない分、しっかり見てくれる
  • 1、2歳だとあまり激しく動かないので、園内が狭くてもあまり気にならない
  • 結局は先生!!小規模かどうかは関係ない

保育園のイメージのみで選択をしてしまうと、もしかしたら自分の子に合った保育園を見逃してしまうかしれません。なので、見学は絶対に行った方が良いです。

こもりぐま
こもりぐま

設備の面も重要ですが、やっぱり人!ステキな先生がいれば、それだけで安心して預けることができます。

保活、大変ですが、がんばってください!!

この続きも、お読みいただけると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。こちらのブログではミュージアム情報をはじめ、子育てワーママのキャリアリノベ体験談などをつづっています。また、音声配信もやっていますので、ぜひ聴いてみてください!

ミュージアム・ダイアリー - にほんブログ村
更新情報が届きます!ぜひご登録おねがいします!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
たくさんの方にこのブログを見ていただきたいと思っています。1クリックで応援お願いします!

タイトルとURLをコピーしました