【わが家の絵本事情】0歳から読み聞かせなんて無理!集中力のない息子が絵本大好きっ子になったお話

知育
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、こもりぐまです。

こもりぐま
こもりぐま

お子さんと絵本生活してますか?

絵本をよく読むお子さんもいれば、集中して聞けないお子さんもいると思います。

読者さん
読者さん

うちの子、なかなか集中して聞いてくれなくて・・・

こもりぐま
こもりぐま

わが家も同じ。全然集中して聞けませんでした。

今日はそんなお母さん、お父さんに向けて、わが家の気が散りまくりボーイがどのようにして集中して絵本を聞けるようになったか。お話したいと思います。

今、集中して聞けなくても、根気強く続けていれば大丈夫!!

お悩みのお母さん、お父さんはもちろん、絵本事情について知りたい方々のご参考になれば幸いです。

絵本に集中できなかった長男

もうすぐ4歳になるわが家の長男。最近は日中でも集中して絵本に耳を傾けられるようになりました。しかし3歳になるまでは、ほかのことに気が散ってしまい、なかなか集中して聞いてくれませんでした。

0歳のとき

よく「0歳から読み聞かせをしましょう!」とか言いますが・・・

こもりぐま
こもりぐま

無理無理!!!!

0歳児は紙を破くことしか頭にありません。(笑)

もうすぐ1歳になる次男も同じく、目を離すと破いて紙を食べている・・・

こもりぐま
こもりぐま

食べたことに気づかずに💩の色でハッとすることが何回かありました…いかんいかん。

↑こんな感じのシチュエーションは空想の世界ってことです。

ハードカバーの絵本でも状況は変わらず。なぜかムキになって絵本を破壊しようとする…。

絵本は一旦、子どもの手の届かない場所に移しました

1歳のとき

保育園に通いだし、みんなで絵本を聞く。という体験が日常になったころ。

こちらの絵本をいっしょに読めるようになりました。しかも手遊び付き。保育園で教わったようです。

まだまだ言葉が出てこない時期だったので、ビックリ&うれしくて涙ぐむ母さん。

こもりぐま
こもりぐま

赤ちゃんじゃなくなってしまったーーーーうれし泣き&さみし泣き。

あと、自分から開くようになった絵本がこちら。乗りものの名前はこれでインプットしました。

以下の絵本もお気に入り。しかけがあるとやはり楽しいのですね。

created by Rinker
¥715 (2021/10/23 05:09:56時点 楽天市場調べ-詳細)

下の2冊は触れる絵本です。ふわふわの生地やつるつるの生地、でこぼこなどが付いていて、赤ちゃんでも触って楽しい!

以下のような、ずかん系は「乗りもの」の図鑑のみ興味を示しました。ほかのシリーズは、プイっとそっぽを向いてしまいました。。。

無事に絵本を聞けるようになった!といっても。。。

  • リビングで絵本を広げると、いつの間にか外を眺めている・・・
  • 図書館で絵本を広げても、最初から視線は周りのお子さんに・・・

唯一集中して聞けるようになったのが、夜寝る前でした。なので、お布団に入って2,3冊読んでから寝るというのを習慣化していきました。

集中力がないときは1冊にしたりと冊数は状況によって変えました。

2歳~現在

夜寝る前の絵本タイムはしっかりと定着。お気に入りの本も出てきました。

特に気に入ったのが以下の絵本。何度も何度も読んだので、暗記しており、息子が読み聞かせてくれるようにもなりました

やはり、乗り物や昆虫など、男の子っぽいものがお気に入りですね。

今では10冊以上でも集中して聞けるようになりました
習慣化のコツは以下のポイントだったと思います。

  • 絵本タイムは夜寝る前と決める
  • 自分で読みたい本を選んでもらう
  • 集中できないときはやめる

絵本タイムのルール

21時に消灯と決めているので(なんだかんだで21時半になってしまいますが・・・)、それまでの時間であれば何冊でもOKとしています。

ただし、聞いていなかったらやめる。

こもりぐま
こもりぐま

お話している人の気持ちも考えてね、と伝えています。

わが家の絵本棚

そんなわけで、自然と絵本は寝室に集まるようになりました。

寝室にはニトリのカラーボックスを2つ配置。絵本がぎっしり詰まっています。

一方、リビングにも少しオシャレめなカラーボックスを1つ配置。

図鑑類、折り紙の折り方絵本などを配置しています。(わが家の図鑑事情についても今後発信予定です。)

  • 日中は絵本を集中して聞けないから、リビングには図鑑類のみ
  • 絵本は夜に読むと決める
こもりぐま
こもりぐま

こうすることで、私も「絵本を読ませなきゃ~」という焦りから解放されて、心が楽になりました。

絵本の選び方

子どもがどの絵本に興味を持ってくれるかは、なかなかわかりません。

なので、以下のような方法を取っています。

最初は図書館で借りてみる

→ 気に入って何度も読みたがったら購入

絵本を購入するときは、メルカリ or 楽天ブックスを利用しています。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。
https://books.rakuten.co.jp/

メルカリでお安く譲ってくれれば嬉しいですが、そうでないときは楽天ブックスで購入します。

割とケチな私ですが、絵本代は惜しまない!
今読んだ絵本が大人になっても記憶に残ることは絶対なので、投資価値は絶対あると思っています

まとめ

以上が、わが家の絵本事情でした。

全然聞けなかった長男もだんだんと集中できるようになりました。それは言葉の発達にともない、意味が理解できて楽しくなってきたからだろうとも思います。

けれど、続けていなかったら、絵本の楽しさに気付いてくれなかったかもしれない

なので、ときどき一瞬でも耳を傾けてくれればOKくらいのゆるい気持ちで、読み聞かせ、続けてみてください。

いつか、もっと絵本体験が活かされる日が来ると信じて、これからも毎日読み聞かせしていきたいと思います。

こもりぐま
こもりぐま

みなさま、がんばりましょう~!!

これからも育児情報など発信してきますので、またのぞいてみてください!

タイトルとURLをコピーしました